【旬ものが美味しい】5月〜6月初夏の旬、魚・野菜・果物

あゆの塩焼き ライフスタイル

こんにちは!はなまるです♪
初夏の訪れを感じさせる新緑の季節には、野菜や果物、魚などさまざまな食材が旬を迎えます。
この時期ならではの新鮮な野菜や果物、旬の魚を存分に味わえるチャンスです。
より美味しく食べられる初夏の旬の野菜や果物、栄養面や効果など、
季節の恵みを最大限に生かすポイントをご紹介します。

初夏に旬を迎える魚

魚の種類

アジアナゴアユ
イサキイワシエボダイ
カジキマグロカツオカマス
カワハギカンパチキス
キビナゴサワラスズキ
ドジョウトビウオメバル
参考:旬の食材カレンダー

初夏といえば「アユ」でしょうか。

アユは資源保護のため11月〜5月は禁漁であるため、禁猟明けの6月〜8月が旬
養殖のアユは一年中食べられますが、天然は脂がのってくる季節です。
特に7月の若アユは骨まで柔らかく丸ごと食べることができます。

天然は滋賀県、養殖は愛知県産が多くを占めています。

また、初ガツオも魅力ですね。

えさを求めて北上したところで獲れるので4月〜5月が旬です。
鮮やかな赤色、脂が少なくあっさり、身が引き締まっていて弾力があります。
カツオのたたきとして調理されることが多いです。

産地は、高知県土佐が有名です。

海産物の種類

イカウニクルマエビ
ケガニサザエトリガイ
ホヤマダコモズク
参考:旬の食材カレンダー

旬の魚介の栄養価

アユにはたんぱく質が豊富です。さらにビタミン、カルシウム、DHA・EPAが豊富で、
貧血予防や血行促進、生活習慣病の予防などの効果が期待できます。

カツオは高たんぱく低カロリーでヘルシーな食材です。
ビタミンや鉄分、DHA・EPAが豊富で、貧血予防の効果が期待できます。

初夏に旬を迎える野菜

野菜の種類

アスパラガスキクラゲ(生)グリーンピース
サヤエンドウジャガイモソラマメ
ニンニクレタス(高原レタス)インゲン
オクラキュウリシシトウ
シソショウガズッキーニ
トマトパプリカピーマン
参考:旬の食材カレンダー

初夏といえば、「新ジャガ」が出てきますね。
ジャガイモは5月〜6月が旬です。
皮が薄く、皮付きのまま調理して食べることができます。

産地は言わずもがな、北海道産ですね。

また、6月には「トマト」と「ピーマン」が旬を迎えます。
8月までの旬の夏野菜ですね。
トマトは糖度が高いいわゆるフルーツトマトも出回るようになりましたね。
旬のピーマンは全体が柔らかく、じっくり加熱することでさらに甘みが増します。

トマトは熊本県産、ピーマンは茨城県産が多くを占めています。

旬野菜の栄養価

トマトにはリコピンにより、老化やがんを予防する抗酸化作用があります。
さらにビタミンCやカリウム、クエン酸、ペクチンなども豊富で、
疲労回復や便秘改善の効果に期待ができます。

ピーマンにはカリウムにより、血圧上昇を抑える作用があります。
さらにビタミンCやカリウム、βカロテンにより、
免疫力アップやがん予防、血圧上昇を抑える効果が期待できます。

初夏に旬を迎える果物

果物の種類

アンズウメサクランボ
夏ミカンパイナップルビワ
マンゴーメロン
参考:旬の食材カレンダー

初夏の果物といえば、「サクランボ」でしょうか。
甘さと酸味のバランスがよく、旬は7月上旬までです。
産地は、山形県産が一番多く占めています。

また、「メロン」もスーパーや青果市場で見かけ始めます。
香り高くみずみずしく、旬は8月までです。
産地は、茨城県産が一番多く占めており、品種も多く栽培されています。

旬の果物の栄養価

サクランボにはビタミン、鉄分、カロチンを豊富に含み、
病後の回復や疲労回復、美容にも効果が期待できます。

メロンにはβカロテン、カリウムが豊富に含まれており、抗酸化作用があります。
さらにビタミンなどで免疫力アップ、生活習慣病予防の効果が期待できます。

旬のものを取り入れよう

旬のものはとにかく美味しく、栄養価が高いです。
スーパーや青果市場で旬のものを探すのも楽しくなりますね。
ぜひ食事に取り入れてみてください。

今回は、【旬ものが美味しい】5月〜6月初夏の旬、魚・野菜・果物をご紹介しました。
この記事が少しでも参考になり、お役立ていただけたら嬉しいです。

他にも子育てやライフスタイルに関する記録を書いています。
楽天ROOMもありますので、ぜひ覗いてみてくださいね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました